簡単にわかる水の事 飲料水や生活水はどうする?

簡単にわかる水の事 飲料水や生活水はどうする?

ミネラルウォーター

 

こちらは水の総合サイトです。

 

震災以降、この日本では水の安全性に対する意識が急速に高まっています。
それは飲料水に対してだけでなく、お風呂やシャワー用の水に対しても
安全意識が高まっています。

 

 

元々日本の水(水道水)は、世界的に見ても最上級という評価でした。

 

そんな日本の中でも、あまりキレイではない、またはおいしくないという
イメージのある東京の水道水でも、なんとペットボトルになって発売されるという事が
過去にありました。 当時の知事「石原さん」が「うまい!」とか言いながら(笑)
ペットボトルの水を飲むパフォーマンスに世界は驚いたそうです。

 

多くの外国から見ても、水道水が飲める。
しかも世界有数の大都市、東京の水道水が普通に飲む事ができるというのは、
世界中の多くの人々にとって、驚きのニュースだったようです。
そして東京オリンピックの開催にも、これが一役買いました。

 

 

水道水

 

 

それほどまでに評価の高い日本の水道水ですが、さすが日本人です(笑)。

 

 

それでも皆さんは、ミネラルウォーターのボトルを買い、浄水器を取り付けます。
それは最高を求めるというより、ひとえに「健康のため」だと思います。

 

もちろん自分自身の健康のため、そして大事な家族の健康のため。
水が出来る健康への貢献は果てしなく大きいです。

 

現在多くの日本人が浄水器の水でお料理をし、同じく浄水器で
濾過したお水でお風呂を沸かし、シャワーを浴びます。

 

それは全く間違ってはいません。

 

 

飲料水で健康になりますし

 

最適な水を使えばお料理はおいしくなります。

 

そして赤ちゃんもお年寄りも心配なく、安全な入浴に使用できる水も

 

浄水器一つで出すことが可能なのです。

 

 

そんな健康に良い、安全でおいしい水を手に入れる方法を
このサイトでは解説していきます。

 

このHPでは浄水器やウォターサーバーなどの紹介はしていません。
浄水器の選び方や、本当に良い浄水器をお探しの方は、
こちら=浄水器人気メーカー比較を御覧ください。

 

日本の水に対する間違った認識

日本人の多くが、日本の水事情を間違って認識しています。

 

最近よく話題に上ることの一つに、「日本の水資源が買われている」と
いうのがあります。

 

このてのニュースを多くの方が読んだことがあると思いますが、
ここで私が指摘したいのはちょっと別のことです。

 

「日本は降水量も多く、豊富な水源を有している」というのは、
日本でも常識ですよね。

 

だからこそ日本の水資源、水源地を、将来確実に大規模な水不足に陥ると
言われている中国などが買いあさっているということでしよね。

 

ですがこの認識にすでに大きな間違いがあります。
いえいえ、中国のことではありません。
我々は他国の話なんてしている場合ではないのです。

 

間違った認識とは他でもない、「日本には水が多い」と言うところです。

 

「えっ?中国や外国が買うほどあるんじゃないの?」と誰もが思いますよね。
ところが日本は水が不足しているのです

 

関東では毎年夏になると、「水不足」が深刻化するのが恒例ですよね。
天気予報でも、あれは雨が降らないから、という理由が付きますよね。
「O日間晴天が続き、OOダムの貯水率がOO%に〜」というニュースです。

 

ところが日本の水不足は、別にこの時期に限った話ではないのです。
それどころか1年中の話、慢性的な水不足の状態なのです。

 

日本には多くあるといわれる水資源、実は全然足りていないのが現状なのです。

 

 

日本の水資源

 

 

その証拠に、水を世界一輸入している国がなんと日本なのです!
そうなんです、輸入によって水不足を解消しているのです。
ビックリでしょう?

 

 

そしてもう一つ重要な事があります。 水の消費は、単純に使用量による計算の他に、
「仮想水」と言う考え方があります。

 

またの名を「バーチャル・ウォーター」というものです。
この考え方は、例えばハンバーガーを1つ食べるために、どのくらい水を使っているか?
というようなイメージで計算します。

 

ハンバーガーは主にパン・牛肉・調味料などで出来ていますよね。
このパンを作るのに小麦がOg必要、この小麦を収穫するのに必要な水は?
ハンバーグを作るのに必要な牛肉、この量を取るのに牛が消費する水は?
と、簡単にいうとこんな感じで仮想水の量を算出します。

 

この仮想水については、環境省の公式HPに非常に詳しく説明がされています。
このHPでは、漫画で仮想水を分かりやすく解説していますので、是非ご覧に
なってほしいと思います。 そして仮想水の計算も簡単に行うことが可能な
自動フォームもあります。 例えば、朝・昼・晩の食事全ての仮想水の量を
一発で計算できたりもします。 楽しいですよ。
詳細はこちら=環境省 仮想水

 

日本は食料の多くを輸入しています。 当然仮想水もほとんどが輸入です。
日本の食料自給率を考えると、この仮想水が一体どれだけ輸入に
頼っているか? 聞きたくもない数字です。

 

ですので、我々日本人は水に恵まれてなどいないのです。
ここを勘違いすると、この国は厳しい将来が待ち受けていると言わざるを得ません。

 

まず水に対する認識を改め、浄水することで輸入を減らすなど、
少しでも水資源に対し意識を持つことが重要だと思います。

 

 

資料参考
東京都水道局
千葉県水道局