最近多いビルトインタイプ

ビルトイン浄水器は不評?

最近の新築マンションや戸建物件は、ビルトイン浄水器が導入されている場合が多いです。

 

浄水器という言うより、キッチン関連全てがビルトイン形式をとっている物件も多いです。

 

特に中級以上のマンションでは、オール電化+ビルトインキッチンというスタイルが普通になっています。

 

そしてその中に浄水器も含まれているのですが、最近の不動産関連の口コミでは、このビルトイン浄水器が非常に不評です。

 

 

なぜビルトイン浄水器の評判が悪いのか

 

これは主に2つの理由があります。

 

1つはビルトイン浄水器のフィルターが割高な場合が多いこと。

 

もう1つは性能的に劣るビルトイン浄水器が導入されているケースが多いこと。

 

 

まあ、この2点、これが真実であれば、不評なのも理解できます。いや、好評なわけがないですよね(笑)。

 

本来新築物件に、最初から浄水器が導入されているといのは、ユーザーにとって良い事のはず。

 

ところが、この導入されている浄水器が、市販のものより性能が低く、かつ維持費も高いとなったら、お話しになりませんね。

 

 

口コミは正しいのか?

 

ちょっと例を出してご説明します。

 

数年前から、多くの物件に導入されている「タカギ」という浄水器メーカーが有ります。

 

*タカギの詳細やフィルター最安値情報はこちらをどうぞ=タカギ浄水器のお得情報

 

このタカギ浄水器、まさに上で書いたような不評を買っている代表のような存在です。

 

では本当にこの評価・口コミは正しいのか?

 

まず性能に関してですが、上記サイトの資料を読むと、確かに除去可能物質の数は大手メーカー製フィルターに比べると見劣りします。

 

ですが、よく考えて欲しいのは、水道水のままでも健康被害は無いのです(日本の水道の場合)。

 

ですが味(カルキ臭)を良くするために上好きを使うというのが、真の目的です。

 

なのでその面では、タカギ浄水器は十分レベルに達しているといえるでしょう。

 

次にフィルターが高い!というご意見。

 

これは同じような機能の他メーカー浄水器と同条件(ろ過量・時間経過)で比較すると、確かにタカギのフィルターは割高のようです。

 

ですが互換フィルターなども発売されていますので、この不満も解消できるでしょう。

 

上記サイトのページをよくご覧になれば、ランニングコストも抑えられると思います。

 

そしてビルトインはいくら考えても、交換にはお金も時間もかかります。

 

上手く付き合えば、損はないのでがっかりすることはないと思います。