カルキは危険?

カルキは水道水に含まれるもので、やかんの下に白く沈殿し、
塊になっていたりしますよね。

 

最近の電気ポットでは、このカルキ抜きの機能が一般化して
いたりして、カルキの存在は非常に印象が悪いものになっていると思います。

 

そこで今回はこのカルキがどれだけ人体に影響を及ぼすのか?
除去しないとどのくらい危険なのか?
そういった普段の生活に直結した、カルキのお話をしていきます。

 

 

カルキ

 

 

カルキとは一体何なのか?

 

最初にカルキとは何なのか?についてはっきりさせておきます。

 

一般的に使われる言葉としてのカルキとは「塩素」のことを指しています。
この塩素は、水の中にいるバクテリアの除去と繁殖を防ぐ役割があります。
塩素が入っていない水では、このバクテリアが大量に繁殖し、人体にとても
有害な水になってしまいます。

 

塩素と略して書いていますが、正式には「次亜塩素酸ナトリウム」の事です。
実際の「カルキ」という言葉は、水道水に入っている塩素全体を指すもので、
かなり広範囲のものです。

 

というのも、日本の浄水場で使われている塩素(カルキ)は、いろいろな
種類があり、これがカルキだ!といえるようなものでは無いのです。

 

ということでカルキとは、水の浄化剤として使われている塩素の総称
と考えて下さい。 *どれもそれほど大きな差はありません。

 

ところで塩素というと、あまり馴染みが無いですが、言い換えますと
塩加石灰とかカルシウムとか呼ぶ場合もあります。

 

石灰やカルシウムですから、一気に親しみがわきますよね。
カルシウムは骨を形成する、あのカルシウムです。
ヤカンの下にたまっているものの正体は、このカルシウムですね。
そして塩加石灰とも呼ばれます。

 

石灰に殺菌作用があるのは有名ですよね。
殺菌作用というか、分解を劇的に早めると言うことで
よく知られています。

 

 

カルキを飲みつづけたら危険では?

 

日本の公的機関が大丈夫だと保証しているのですから、
直撃で人体に影響があることは無い、それはわかっていますが、
では長期に渡って飲みつづけたら?とか、赤ちゃんには危険なのでは?
という疑問を持たれる方も多いと思います。

 

これについて、危険をやたらと煽っているサイトや雑誌を見かけた事が
ありますが、ここで本当のところをお伝えします。

 

日本の水道法で定められているのは、「水1Lあたり0.1mg以上の塩素を
使わなければならない」です。 ですが実際にはこの最小値では安全とは
言い切れず、この3倍から10倍程度の塩素量を使うのが普通です。

 

なお千葉県水道局によれば、最適な(美味しく飲める)塩素量は、
水1Lに対し0.4gだそうです。

 

そして重要な人体への影響ですが、
ここでは上記基準値の100倍だと仮定します(実際にはあり得ませんが)。
この量だとしても、WHOが定めるガイドラインを参考にすれば、
「生涯人間が飲みつづけても健康に影響はない」と明記されています。

 

ネットや雑誌では、水道水のカルキに発ガン物質が〜とか、熱帯魚が住めないような
水を飲まされている〜などと書いてある場合が多いですが、これらは全く根も葉もない
話ですので、気にかける必要はありません。

 

こういったものは、浄水器やウォーターサーバーを売りたいが為の誇張した宣伝です。
ではなぜ浄水器などが必要なのか?
これは単純明快、カルキ臭が嫌だ、オイシイお水を飲みたい、といった、
味の問題からです。

 

参考資料=千葉県水道局 水質情報

 

 

浄水器

 

 

カルキ臭とは?

 

紛らわしいですが、カルキとカルキ臭はまた違うものです。
カルキ臭(塩素臭とも言います)とは、塩素が元水中のアンモニアに反応した場合に
出来る「トリクロラミン」の匂い、味と言われています。
このトリクロラミンを抑制すれば塩素臭は軽減できますが、それには塩素を
少なくしないとなりません。

 

あまりに塩素を少なくし過ぎると、今度は人体に有害なバクテリアの除去が
できなくなります。 ですので上手にバランスを取ることが必要になってきます。
もちろんここに関しても水道局が努力していることは言うまでもありません。

 

ちなみに塩素の量ですが、温度、水温、水道水の使用量によっても
濃度が変わるそうです。 濃度が変わるというより、塩素量を調整すると
いうことですね。 温度が高ければ、塩素量は増えると言うことです。

 

そういえば冬より夏のほうが水道水はカルキ臭いですよね。
たぶんこれは夏のほうが塩素量が増えているからなんだと思います。
ですがバクテリアも暖かいほど繁殖するでしょうし、それは当然ですよね。

 

 

水道水の安全性

 

ここまで読んでいただければお分かりだと思いますが、日本の水道水は
十分安全です。 そしてカルキに関しても、普通に飲んでも全く問題無い
ということです。

 

問題があるのは安全性では無く、「味」に満足できない方は浄水器や、
ミネラルウォーターという事になるでしょう。

 

飲用水として水道水を使うか?と言うのは、個人の嗜好の問題です。

 

ところで私は、水道水は安全で問題ない!と、ここまで書いてきましたが、
自分が飲んでいるのはミネラルウォーターです(笑)。
しかも浄水器もつけています。

 

ミネラルウォーターに関しては、やはり少し放射能問題が頭にあります。
必要以上に恐れてはいませんが、何となくミネラルウォーターを買っています。
ですので料理には浄水器の水ですし、ただ安心する気持ちを買っている
という感じですね。 それで健康被害があれば、もう諦めます。