カルキ臭とは?

「カルキ臭がガマンならない」という方が、日本人には非常に多いです。

 

ですが世界で見てみると、それほど気にしない人が多いのです。
ではなぜカルキ臭がここまで忌み嫌われているか?ですが、
それは日本人がもともとおいしい水を飲むことに慣れているからだと思います。

 

水道水でも、例えば学校で飲んでいたものは美味しかった、とか、
カルキ臭なんて全くしなかった、とかですね。

 

学校のように、常に水道が流れている状態なら、カルキ臭も
ご自宅よりはしないでしょう。

 

それだけでは無いと思いますが、カルキ臭がどうしてもダメと
言う方は、必ずその前においしい水を飲み続けていた経験から
始まっていると思います。

 

カルキ臭

 

塩素臭

 

カルキ臭とはTOPでも書きましたが「塩素臭」です。

 

塩素といえば有名なのは、プールの消毒剤だと思います。

 

私が子供の頃は、丸い固形塩素を体育の先生がプールに放り込んでいる
姿をよく見ていました。

 

ここで考えが浮かびます。

 

@ アレだけの人数がプールに入っても消毒できている塩素とは、
猛毒なのではないか?

 

A プールにいつも入っていても大丈夫だし、プールの水を飲んで
しまうことだって頻繁にある、でも全然大丈夫だし、あれで健康を
損なったなんて話は一度も聞いたことがない。

 

こんなかんじではないでしょうか? 実はこれ、私が過去に感じたことです。

 

そして実際はプールの水を飲むわけではなく、飲むのは水道水です。
日本の水道水は、生涯飲みつづけても問題ない量しか塩素は入っていません

 

ですので安全面では全く問題がないのです。
*放射能は別です。

 

ところが味は確かに問題ですよね。

 

特に東京都のマンションなど、集合住宅の水はすごいカルキ臭がする
場合も少なくありません。

 

この原因は「クロロフェノール類」という物質にあります。
これは水道水に含まれる「フェノール」という物質に、消毒剤の塩素が
反応して生まれる物質です。

 

このカルキ臭を取るには、クロロフェノール類を除去すればいいのです。
そしてJISが定める浄水器の除去物質の13項目に、これらが入っています
ので、対応浄水器を使えばカルキ臭は気にならなくなるということです。

 

そしてこの除去自体は、それほど難しいことではないので、有名メーカーの
浄水器を使えば問題なくカルキ臭は取れると思います。

 

あとは、どこまで除去するか?ですので、完璧を目指す方は
少し良い浄水器を購入する事をオススメします。

 

 

もっと知りたい!という方はこちらをどうぞ=浄水器で何が違うのか?